見せます!車の買い取り相場と一括査定

長年慣れ親しんだ相棒である自家用車。しかし、買い替えの時が来たら古い車は買い取りに出すしかあない。あなたの長年の相棒は、いったいいくらで売れるだろうか。買取査定の流れに着目する。ラジオやテレビでは、車を買い取る業者のコマーシャルをたくさん耳にする。果たして、何が違うのだろうか。

中古車の買い取り相場は、現在どれくらいなのだろうか。もちろん、これは車の種類や色、型番、走行距離と言った条件によって変わっていく。 だが、ある程度の金額はネット上で比較し知ることができる。たとえばズバットやカーセンサーといったサイトなどである。これらを駆使し、情報を集めていこう。

車の買い取り、依頼の流れ

自家用車の買い替えの際、古い方の車は往々にして一般販売に回される。この際、中古車の引き取りと販売は、車買取店が行う。アップル、カーセブン、カーチス、ガリバー、シーボーイ、ビッグモーターといった会社が有名だ。いずれも、ラジオやテレビのコマーシャルで耳にしたこともある会社名であろう。いずれも「車売るなら」「どこよりも高い下取り価格」といったキーワードを売りにしている。

これらの中には、一括査定を行う業者もある。一括査定とは、あるサイトに売りたい車の情報を打ち込むと、そのサイト通じて複数の車買取店とマッチングされ、それらの店が同時に買い取り価格を査定してくれるため、相見積もりを簡単に行うことができるシステムである。1円でも高く売却したいあなたの味方となるシステムである。

車の下取り価格には、様々な条件があり、それによって価格が左右される。もちろん購入してからの時間であったり、走行距離、事故の経験、そして色や型番、オプションの有無などというものもある。こうした条件のうち、どれを重視するかは買取店によって差が出るところだ。これらを踏まえ、1円でも高く買い取ってくれる業者を探したいものである。

また、買い取り査定の際のサービスも会社によって大きく異なる。見積もりをその場で示してくれるのか、別の機会になるのか。それは果たして何日後か、何週間後か。あるいは、家まで査定に出張してくれるのか。あるいはWEB上での査定なのか。こうした細かい条件もしっておけば、不平不満のない取引を行うことができるだろう。

一括査定は、1つのサイトに登録することで、同時に複数の車買取店に見積もりを依頼することができ、同時に複数の見積もりを得ることで、より高く買い取ってくれる店を見つけることができる効率的なシステムである。ではこのシステムにはメリットしかないのだろうか?デメリットも含め、探っていきたい。